断捨離

【服】断捨離の後に洋服を増やさないためにする5つのこと

投稿日:

以前洋服の断捨離について書きましたが、今回は断捨離した後に洋服を増やさないためにすることを書いていきます。

 

 



 

 

1.洋服はタンスの容量の7割と決める

まず、自分の持っているタンスにギュウギュウに服を入れようとしないことです。私の場合は7割目安で服を収納しています。

 

ある程度のスペースを空けて収納すると、見た目もスッキリして気持ちがいいものです。いっぱいに詰め込んでも着る服は限られていますので、本当に自分が着る服を選別して保管する必要があります。

 

それがどうしてもできないという方は、普段本当に自分が着る服なのかを1つずつ手にとって考えてみるといいです。

 

一年以上着ていない服を持ってても、着る機会はほとんどないと思ったほうが賢明です。

 

2.福袋は絶対に買わない

よくお正月の初売りで開店前のデパートに並んで福袋を買い込んでいる光景を見かけますが、断捨離した状態をキープしたいのであれば、はっきり言って福袋はムダ使いとしか言いようがないです。

 

中身の見えないものに期待して高価な値段で福袋を買うより、本当に自分が気に入ったものをお金を出して買う方がよっぽど有意義です。

 

福袋はガチャポンと同じで、スマホのソーシャルゲームもこれと同じ心理を利用しています。ソーシャルゲームで残るものは一時的な満足感だけで、何も残りません。私は単なる時間のムダだと認識しています。

 

3万円の福袋に5万円分の服が入っていたとしてそれがお得と感じる人は、ファッションに興味があるのではなく「ただ買うことが好きな人」というのが私の意見です。

 

3.買った分だけ必ず捨てる

例えば、Tシャツ2枚、パンツ3枚、トレーナー1枚を購入したならば、現在所持しているTシャツ、パンツ、トレーナーを購入した数だけ捨てることです。

 

そうしないと、どんどんタンスのスペースは埋められて置き場所がなくなっていきます。きれいな部屋を最優先するためにはこれは確実にやっておきたいところです。

 

私の友人にスーツや時計をコレクションしている人がいるのですが、彼は自宅(2LDK)に服を保管するスペースがとうとうなくなってしまい、車で3分のところにワンルームマンションを借りています。

 

聞いたところ、家賃だけで3万7000円もかかるそうです(-_-;)

 

彼が独身で高給取りということもあって、そういったことができているかもしれませんが、せっかく高い給料をもらってもそういったところに使うというのは、個人的には理解できないところですね。

 

私ならそういったお金を貯めて家族で旅行に行くことを選択します。

 

4.バッグの数を増やさないようにする

これは女性の場合ですが、女性はバッグが好きな人が多いですよね。オシャレに見えるものはたくさんあるし、自分の服に合うようなものがたくさん欲しいのではと思います。

 

これは私の妻の場合ですが、彼女が独身時代に買ったものや結婚した後に買ったものが結構な数ありました。断捨離すると本人が決めて、本当にお気に入りのものを5つだけ残すように決め、他のものはメルカリなどで売って処分しました。

 

バッグは増えれば増えるほどそれにあった洋服が欲しくなるので、バッグの数を決めておくと服のムダ買いもなくなるのではと考えています。妻もいろんなものを買い込むことがなくなり、以前より確実にイライラすることが少なくなりました。

 

以前に元宝塚の女優がニューヨークで一千万以上のバッグや服、靴を買い込むところをテレビで追跡しているのを観ましたが、あんなに買っていつ使うんだろうなと思いました。

 

経済的に店は潤うのでいいことですしお金の使い道は自由ですが、私にはただの下品にしか見えませんでした。

 

5.観るテレビを制限する

これは我が家の場合ですが、出勤前にダラダラつけて観ていた朝の民放の情報番組を観ないようにしました。そういった番組はトレンドや流行りモノをしょっちゅう特集していて、ムダなものを買い込む原因だと考えています。

 

代わりに音楽をかけて、それを聴きながら掃除しています。1日が始まるという体のスイッチが入って心地の良いものです。

 

テレビを全く観ないというようにすることは不可能ですので、観る番組を選んで有効に時間を使うことを心がけています。

 

テレビ番組の制限で一番苦労しているのは高校生の娘でしたねw

 

学校でも友達から流行りモノの情報がメチャクチャ入ってくるみたいで、バイトしながらたまに買っているみたいですが、私は娘に余計なモノを捨てる処分費用は一切出さないと宣言しています。

 

大学に進学する予定ですが、今自分の部屋にあるものは全て持って行って一人暮らしをさせると約束しています。ムダなものを買えば買うだけ一人暮らしする自分の部屋が散らかることになります。

 

勉強机は必要なものとして使っているので、娘が持っていかない限り私が処分します。娘の部屋は筋トレ部屋にする予定です。

 

学生の一人暮らしの部屋は広くありません。持っていくものを今の段階でちゃんと決めてモノを買い、本当に必要なものだけを若いうちから把握しておくと、今後の人生でも余計なものにお金を使わない、家計を自分でやりくりするクセが身につくと感じています。

 



 

まとめ

・服はタンスの容量の7割にしてスペースを残しておく

・福袋は買わない(本当に気に入ったものをじっくり選んで買う)

・服を買ったら買った分だけ処分する(余計なものを増やさない)

・バッグの数を増やさない(服のムダ買いの原因になる)

・観るテレビを制限し、余計な情報が入ってこないようにする

まとめると以上のようになりますが、断捨離をした後に買い物する時、以前に比べてモノ選びが慎重になっていれば、その後に家にモノがあふれることは少なくなるはずです。

 

私は買い物した後、家の玄関を開ける前に「これは家に入れていいものだろうか」ということを考えるようになりました。

 

見直して「やっぱりいらないか」と感じたものがいくつかあり、返品したことも3回ほどあります。実際にそのモノを使わなくても不便はないので、今では返品して良かったと感じています。

 



 

 

-断捨離
-, ,

Copyright© 33タイプ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.