断捨離

断捨離の効果ですごいと感じたこと8選 モノを捨てれば開けてくる

投稿日:

今回はこれまでの記事の中でも何度か触れていましたが、断捨離によって私がすごいと感じたこと、効果があったと実感したことを書いていきます。

 

こんなこともあったか・・と驚くこともありました。普段の生活における視界の大切さをまざまざと実感した次第です。

 



 

断捨離の効果・モノを処分をして感じたこと

これは人によって異なるかと思いますが、私が断捨離の効果を感じ始めたのは、断捨離が終わって一週間ほど経ってからでした。

 

本当に少しずつ変わってくるのを実感し、ここまで変わるんだ・・・と、自分自身驚いたこともたくさんあったので、「変わりたい」と思った方は実践してみてください。

 

①イライラしなくなった

これは妻からよく言われたことです。普段の生活でかなりのイライラが減った実感があります。

 

待ち時間が長かったり、自分のペースで物事がなかなか運ばなかったりすると結構顔に出て露骨に不機嫌になるタイプだったのですが、今はそういったことはありませんし、そういう場面に遭遇することも少なくなりました。

 

これは、行動自体にムダがなくなり、計画性を持って行動できる裏付けではないかと考えています。慌てて行動することも本当になくなったのは自分自身ですごいと感じているところです。

 

自分にとって「慌てる時間=窮屈な時間」だと思うんですよね。そういった窮屈な時間を自分の中から徐々に削ることができているのも、断捨離によって良好な判断ができているからだと考えています。

 

②食欲をセーブできるようになった

「食欲をセーブできるようになった」と見出しをつけましたが、実際にはよく咀嚼して食べ物を食べることができるようになったというのが正解だと感じています。

 

よく噛んで食べることは脳にもいいと証明されていますし、噛んで食べることによって腹八分目に楽に抑えることができます。私はかなり食べる方だったのですが、以前よりも食べ物に執着心はかなり抑えられるようになりました。

 

結果太りにくくなって痩せることもできましたし、運動に対して億劫な気持ちも少なくなって、前向きに取り組めるようになっています。

 

落ち着いて食事を摂れるようになることが何よりも大切なことであり、それが自然とできるようになったということを実感しています。

 



 

③お金が貯まるようになった

お金が貯まるようになるにはどうすればいいかというのは、まずムダな出費を抑えることではないでしょうか。

 

断捨離をしたことによってムダな出費を抑えられるようになったのは、第一に買い物に行っても一切目移りしなくなったことにあります。目的の物を買ったのに、インテリアでこれ買っていこうとか、玄関にこれ飾ってみようとか、余計な感情を一切持たなくなりました。

 

「ついで買い」を一切しなくなったということです。

 

買い物をして玄関を開けようとするときに、「これを家に入れていいものか・・」と考えることすらあります。それくらい物を買うことに慎重になりました。以前はこういったことは一切なく、断捨離をして初めて感じたことです。

 

④仕事の効率が上がった

これは自分でもびっくりしたのですが、以前よりも物事を予め整理して仕事を進めることができています。会社には仕事の進捗(しんちょく)率を日報と業務の進行状況から換算するのですが、私が断捨離前の進捗の状況に比べて、断捨離後の進捗率が17%も上がっていました。

 

ですので、以前よりも残業が少なくなりましたし、余った時間で部署内の別の仕事を手伝って、部署の人間が早く仕事を切り上げることもできています。私は部署の主任をやっていることもあって、週末の帰宅2時間前に全員でデスクの整理と引き出しの整理、不用品の処分を一斉でやることにしました。

 

こうすれば週明けから気持ちよく仕事が始められますし、何より精神衛生上いいと考えています。整理が苦手な人ももちろんいますが、こういった人に関しては徐々にできるように協力していく予定です。

 

⑤健康になった

まず断捨離をして感じたのは、寝付きが抜群に良くなったことです。入浴したらリラックスして眠くなり、人は睡眠に入る準備をします。

 

以前はすごく寝付きが悪く、なかなか寝付けないこともありましたが、断捨離をして自分の視界に入るものがきれいに整っていると、興奮することがなくなり、結果的に眠りにつきやすい環境になったと考えています。

 

↑こういった部屋で質の良い睡眠がとれるはずないですよね。

 

⑥人間関係が良好になった

これも会社内で特に感じることですが、同じ部署での問題や別の部署とのモメごとというのはどこの会社にもあるはずです。ですが、人とモメても怒りの感情が全面に出てこないんですよね。ひとまず飲み込んで自分の中で咀嚼して整理した上で相手に冷静に発言することができるようになりました。

 

私は以前から自分では冷静に発言していると思っていたのですが、周囲はそう見ていなかったのは明白で、同僚からは「雰囲気が変わった」とか「話すペースがゆっくりになって聞き取りやすくなった」など、「どうしたんだ?」と私の変化についていろいろ周りから聞かれることもありました。

 

自分で無理して「ここを変える!」というような、無理な意気込みは一切持つことなく、自然に変わってきたのかなというのが私自身感じたことです。気持ちに余裕ができてきたという言い方が一番正しいのかもしれません。

 



 

⑦自由な時間が増えた

時間が作れたことを特に実感するのは、掃除が簡単になったことです。簡単になったとはいっても雑にするという意味ではなく、掃除がしやすくなって、しかも早くきれいになるんですよね。

 

早く掃除が終わることで自由な時間も増えますし、④で書いたように仕事の効率が上がるので、早く帰宅できて自分のやりたいことに時間を使うことも可能になります。

 

私は元々掃除に関しては抵抗はなかったんですが、断捨離後はさらに掃除が好きになりました。朝のルーティンで掃除は欠かせないものになっています。朝に掃除をしておくと、仕事が終わって帰ってきたときにきれいな状態で家に入ることができます。

 

疲れて帰ってきて、家の中が散らかっていると本当に気分が悪いので、朝に掃除するのはとても大切だと感じています。

 

⑧執着心がなくなった

私が特に20代の頃は、欲しいものはとにかく頑張って手に入れたいと思う方でしたが、今はおもしろいくらいにモノへのこだわりがなくなりました。

 

身の丈に応じた物を大切に使いたいと思うようになり、余計な力を抜いて自然体で生活できるようになりました。腕時計もつけていますが、今はスマホに付いているので、必要ないかなとも感じています。

 

必要以上にモノを欲しがると、本当に体力というか気力も使うんですよね^^;モノを手に入れるためにより働かなければならなくなり、それだけ時間を使います。

 

私はモノを買うのはお金で買うのではないと思ってるんですよね。お金を稼ぐために使った時間で買っているんだと思っています。一生懸命頭を下げて、踏ん張って、お金を稼ぐために時間を捧げていると考えています。

 

それだけ頑張って手に入れたお金を余計なものを買うことには使いたくないと、自然に思えるようになりました。

 

普段の生活で感じた視界と情報の関係性

部屋の中にいろんなものがあると、それを見るたびに人は脳を使います。モノが溢れてゴチャゴチャしていると、それを見渡したときにすべての情報が脳に入り、それを複雑な画像処理をするために脳がフル回転するそうです。

 

散らかった部屋に入るとそれだけで脳を使うため、疲れるのは当然で、部屋に入ってホッとするということは少ないのではないでしょうか。落ち着く空間を手に入れるためには、目から入ってくる情報をなるべく少なくした方がいいです。

 

汚い調理場からはおいしい料理は出てこないのと同じで、整頓された空間で過ごして気持ちを整えてから仕事をしたりプライベートを過ごすと、より充実した生活を送ることができると考えています。

 

最後に

私は断捨離をすることはメリットしかないと考えています。デメリットは時間がかかることくらいです。まず「面倒・・」と思うならばやめた方がいいですね。断捨離は「絶対に自分がやり遂げる」と思わない限り何をやってもダメです。

 

他人がどうこう言っても何も始まらないというのは明白です。人生を好転させてやるという強い意志があれば、断捨離は成功すると考えています。断捨離をやっても効果を感じないと思う方は、掃除を毎日やってみてください。変化を徐々に感じてくると思います。

 

暴飲暴食も治ってきますし、気持ちに余裕も出てきます。冷静になって自分をコントロールできるようになりますので、掃除を日課にすることをおすすめします。

 



 

-断捨離
-, , , ,

Copyright© 33タイプ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.