断捨離

書類の捨て方|うまく整理する方法とは

投稿日:

今回は紙の断捨離について書いていきます。家の中にある紙で一番場所をとるものは書類ではないでしょうか。

 

毎月の光熱費の請求書や領収書であったり、クレジットカードの利用明細、自治体からのお知らせなど、ポストに投函されるものは地味にかさばってくるものです。

 



 

着地点を必ず想像した上で作業にとりかかる

一番最後の状態、持っている書類をきちんと整理した状態をまずイメージします。

 

一番わかりやすいのは・・・

・ポストに投函される自治体からの書類、チラシ、光熱費の領収書などすべて処分した状態

・いろんな書類(子供の学校関係や自分がプリントアウトしたもの)を空にした状態

・既存の書類入れの中身を空にした状態

この状態をイメージし、きれいサッパリ片付いたということを着地点(自分の中のゴール)を定める必要があります。

 

こちらの記事でも書いたように、断捨離をすると自分の行動自体に変化が表れます。常に掃除ができるような感覚を自然と身につけることができるのです。

 

運気を上げたい、運が良くなりたいと思うのであれば、まずは余計なものを処分して、掃除がしやすい環境を整えることが先決です。不潔で散らかっているところに幸運はやってこないということを知っておくべきです。

 

散らかった部屋で風水だなんだといろいろやっても効果は出ません。ゴールに向かってやるべきことを地道にこなしていく。これ以外に達成できる道というのは存在しません。

 

ドラえもんでもいれば別ですけどねw

 

管理人が実践した書類の振り分け方法

書類の振り分けと書きましたが、書類は基本は全て捨てます。ですが中にはやむを得ずとっておくものもありますので、この項目で書いていきます。

 

書類の処分方法は、振り分け⇒確認⇒処分の3工程で完了します。まずは振り分けをする際に、所持しておくものを書いていきます。

 

①振り分け

まず書類の振り分けです。この時点でとっておくものと捨てるものをしっかり振り分けることが必要です。

所持しておくものについて2つのパターンがありますので、よかったら参考にしてください。

○決められた期間だけ所持しておくもの

・レシート(家計簿や支出を記録している方のみ)⇒記録し終わったら即捨てる

・家電の保証書、説明書など

※これらの紙媒体は、必ず専用のボックスや入れ物を用意し、不要になった時点ですべて処分するようにします。

※今は家電の説明書や解説などはネットでメーカー名と型番で検索すれば大体ヒットしますので、無理に所持しておくこともありません。

○所持しておくもの

・現在進行形で参考にしている資料(仕事や趣味において)

・時々参考にしている資料(私の場合はパソコン関連や釣り関連、絵に関する資料)

・契約書(期間が過ぎたら処分)

・子どもからの手紙や絵など(自分が所持していた手帳は全て捨てました。仕事用の手帳はトラブル時に確認するため履歴などを所持しておきます)

※仕事用の手帳は会社で必ずスキャンしてパソコンに所持しています。今はメールなどで仕事の履歴を確認できます(打ち合わせ時間等を電話でやり取りした場合は履歴が残りませんので)

※子どもからの手紙や絵などは、幼稚園から小学校の間の分は相当な量になってしまうので、印象に残った物だけをとっておきます。どうしても捨てたくないというのであれば、写真に撮るかスキャンして保存しておくのがいいですね。

私が実践したのは上記以外の書類は全て処分しました。

次に書類の確認について書いていきます。

 

②書類の確認

書類の確認というのは基本的にやらないという人がほとんどかもしれませんが、私の場合は母親が入院しているので病院から郵送されてきた書類は必ず目を通すようにしています。

 

確認して何もなければそのまま処分します。他にも要介護の方がいらっしゃるご家庭ではそれに関するお知らせの書類等が役所から送付されてくることが多いので、こちらに関しても一読されたほうがいいかもしれません。

 

ただし、重要な書類(後期高齢者用の保険証や健康保険証など)は必ず書留で郵送されてくるので、郵便の不在者連絡票なども見落とさずに確認するようにしましょう。

 

③処分

処分の際に注意すべきことは、郵便物に書いてある自分の名前を確実に消して処分することです。今は個人情報の漏洩には細心の注意を払うようにしてください。シュレッダーがあれば一番いいですが、なければハサミを使って名前がわからないようにした上で処分しましょう。

 

多数の刃がついたシュレッダーばさみというものがAmazon等で売っています。

 



 

普段から紙などを増やさないようにすること

私は普段から紙を増やさないようにしています。いい例がダイレクトメールやチラシなどです。

 

私の実家は一軒家ですが、「広告・チラシ不要」とエクセルでプリントし、クリアファイルに入れてポストに貼っています。チラシ等は一切投函されませんし、ポストも散らかりません。

 

ダイレクトメールは妻がテレビショッピング等でいろんな買い物していたので、ものすごい量が届いてましたが、すべて電話して止めてもらいました。カタログはかなりかさばるので、書類の断捨離をしたいなら、早めに電話して止めてもらうようにしたほうがいいですね。

 

他にも行きつけのドラッグストアで、新製品や試飲のお知らせを買い物袋と一緒に入れられることがあったので、それも全部断るようにしています。買う気がない人にチラシや広告を入れてもムダになりますからね^^

 



 

最後に

紙や書類の処分というのは、服や本などに比べて実践がしやすいです。断捨離を妨げる「思い出」が少ないものがほとんどなので、捨てる感覚を身につけるためには格好のカテゴリーではないでしょうか。

 

きれいにしたいという思いがあってもなかなか踏み切れないという方は、書類の断捨離からスタートすることをおすすめします。何からスタートするかは、人によって本当に違うんですよね。時間のかかるものから始めてその後一気にやってしまう人もいれば、書類などを一気にやって捨てグセを付けた後にやってしまう人もいます。

 

ただ、どの断捨離から始めようとも、着地点(ゴール)は全て一緒(きれいな環境)ですので、時間をかけて少しずつでも実行できるようにしていくべきだと考えています。

 



 

-断捨離
-, ,

Copyright© 33タイプ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.